改善するための理想的な来院頻度

メンテナンスが重要

症状、期間、年齢、日々のストレスによって来院頻度は変わります。

 

当然ながら個人差があります。

 

施術で症状が緩和しても、放置すれば身体や心のストレスでまた悪くなります。

 

健康を維持するには定期的な施術が必要になります。

 

症状の緩和→改善→日々のストレスで症状が出始める→メンテナンス→回復→維持。

 

何もしなくても寝れば良くなるのは20歳までと理解して下さい。

 

年齢を重ねるほど身体や心のケア、食事・睡眠・運動は必要になります。

一般整体の理想的な来院頻度

<一般整体の初期> 症状の緩和→改善まで

・肩こり、腰痛などの慢性痛は週1回を6回~8回。

 

・手足のしびれ、五十肩、関節痛は週2回を10~12回(症状が緩和したら週1回を6回~8回)

 

・ギックリ腰、寝違いなどの激痛、急性痛は連続を3回(症状が緩和したら週1回を3回)

<一般整体のメンテナンス> 回復・維持を目的

・2~4週に1回(その人の抱える肉体的、精神的ストレスによります)

 

自律神経整体の理想的な来院頻度

<自律神経整体の初期>症状の緩和→改善まで

・めまい、頭痛、不眠、顎関節症、更年期障害などは週1回~2回を3ヶ月~6ヶ月

 

・うつ病、不安症、パニック障害などの精神疾患は週1回~2回を6ヶ月~1年

 

・不妊症は週1回を6ヶ月~2年

 

・生理痛、PMSなど婦人科疾患は週1回を3ヶ月~6ヶ月

 

・アトピーは週1回~2回を6ヶ月~1年

<自律神経整体のメンテナンス>回復・維持を目的

・自律神経症状や精神疾患は1~3週間に1回

 

・婦人科疾患は2~3週間に1回

 

・アトピーは2~3週間に1回

 

・育児疲労、妊婦さんは週1回で様子を見ながら

 

・産後骨盤矯正は週1回を連続6回

 

 

※施術効果には当然ながら個人差があります