心身の不調

頭痛  めまい  不眠  うつ  不妊

あなたの心や身体の不調は

自律神経の乱れから

それはセロトニン不足が原因かも

当院は脳波測定で科学的な根拠のある

  セロトニン活性療法を行なっております

 

 

病院や薬で治らない心身の不調はありませんか?

  • うつ症状で仕事も家事も満足に出来ない
  • めまい ふらつきが酷い
  • 不妊症に悩んでいる
  • なかなか眠れない 途中で眼が覚めてしまう(不眠症)
  • 頭痛がほぼ毎日ある
  • 肩・首こりが慢性的にある
  • 不安感 イライラが常にあり、精神不安定だ
  • 更年期障害がどうにもならない
  • パニック症状が出そうで怖い
  • 食欲不振 胃痛が続いている
  • 倦怠感が改善されない
  • 寝ても疲れが取れない
  • 耳鳴りがする
  • 生理痛 生理不順 PMSで長年苦しんでいる
  • 顎の痛みがある
  • 冷え性 むくみが酷い
  • 心臓がバクバク、ドキドキ、動悸がする
  • 常に言いようのないストレスに追われている
  • 無気力 無関心 意欲の低下が著しい
不定愁訴

このような原因不明の不定愁訴は

心と身体のストレスによる脳疲労

自律神経の乱れから起こります。

その自律神経の乱れには

脳の神経伝達物質「セロトニン」不足が

大きく影響してしていると言われています。

セロトニンとは?

 

セロトニンとは脳の神経伝達物質(脳ホルモン)。

精神の安定や脳の覚醒、自律神経の調整、姿勢の維持、痛みの抑制に関わっています。

重要なのはドーパミンやノルアドレナリンの分泌を調整して気分や感情をコントロールしていることです。

そのセロトニンは日々のストレスの影響を受けやすいのです。

心や身体のストレスは脳で感じます。

そのストレスが多過ぎると脳が疲労して
頭蓋骨が歪みます。

セロトニン神経が弱り

セロトニンの分泌量が悪くなります。

脳の神経伝達物質(脳ホルモン)セロトニン
その働きは……

  1. 脳の覚醒
  2. 心の安定(ストレスコントロール)
  3. 自律神経の調整
  4. 痛みの抑制
  5. 姿勢の維持

ストレスでセロトニンの分泌量が減少すると…
姿勢が悪くなる

身体にあらゆる痛みが出る

自律神経が乱れる(不眠やめまい、耳鳴りなど病院でも原因が分からない疾患)

イライラ、うつ、不安、パニック、キレやすいなど精神不安定になる

頭痛や疲れが取れない、倦怠感など頭が重くなる

もしかしたらあなたの不調の原因は

セロトニン不足にあるかもしれません。

こんな生活してませんか?

  • pc、スマホ、家電からの電磁波を毎日浴びている
  • 運動不足
  • 昼夜逆転の生活(夜型)
  • 不規則な生活、勤務体系
  • 日光不足
  • 睡眠不足
  • 他人とのコミュニケーション不足(孤独)
  • 人間関係のストレス
  • 栄養不良、腸内環境の悪化(添加物、加工食品の摂りすぎ)
  • 薬常用
  • カフェイン、糖質の過剰摂取
  • 仕事や家事、育児の頑張りを認めてもらえない 無視される、仲間外れにされる(承認されない)

現代人のライフスタイルはセロトニン不足の原因になります

生活習慣の悪さでセロトニン不足

このようなライフスタイルですと 心や身体のストレスが増します。 さらに運動・睡眠・栄養のバランスが悪いと 回復力が低下して さらにストレスが蓄積します。 結果、セロトニン神経が弱り セロトニン不足になり 自律神経が乱れ、痛みが出て、精神不安定になる可能性が高まります。

当院のセロトニン活性療法で改善を目指しましょう

脳の研究でセロトニン活性療法でセロトニン分泌が安定するのが分かっています。

セロトニン活性療法で セロトニン神経を活性化すれば 心や身体はスッキリして あなたのつらい問題は解決に向かいます。

セロトニン活性療法とは?

セロトニン活性療法協会代表理事の滝本裕之が

 

日本に1台しかない脳波測定器で

 

脳波測定をしながらセロトニンの分泌を促す

 

施術の検証を繰り返して開発した

 

科学的エビデンスのある施術法です。

 

セロトニン研究の第一人者の有田秀穂先生と

 

共同で学会でも発表し、論文も出しています。

 

施術によってセロトニンを分泌させる科学的な証明のある国内唯一の自律神経調整法になります。

 

当院はセロトニン活性療法協会認定院です

セロトニン脳波測定

セロトニン脳波測定

セロトニン脳波測定

セロトニン脳波測定

脳活性(セロトニン活性)で心身ともに最適な状態になります

脳活性

 

脳の周波数はδ波(0.5~3Hz)、θ波(4~7Hz)、α波(8~13Hz)、β波( 14~30Hz)に分類されます。

 

δ デルタ波(0.5~3Hz)…深い眠り(熟睡)、無意識状態。(脳不活性状態)

 

θ シータ波(4~7Hz)…眠る直前のまどろんでいる状態、瞑想の状態。

 

α1 アルファ1波(8~10Hz)…閉眼 リラックス状態。

 

(θ シータ波、α1 アルファ1波は脳不活性ではないが、完全に活性していない状態=副交感神経優位)

 

a2 アルファ2波(10〜13Hz)…開眼覚醒状態リラックスして心身ともに落ち着いている状態。

 

(脳活性状態=自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが取れていてセロトニン活性状態)

 

β ベータ波( 14~30Hz)…仕事や家事の日常生活時の覚醒状態。興奮や緊張、不安状態

 

(脳過活性状態=交感神経優位 ノルアドレナリン過剰 ストレス過多)

 

アルファ2波が脳の興奮や覚醒し過ぎるのを抑え、自律神経を整え、集中力や学習能力を高め、精神を安定させて仕事やスポーツなどに能力を最大限に発揮させる理想的な状態です。

 

それがZONE ゾーン状態(脳活性状態=自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが取れている状態)

 

セロトニン活性している状態です。

 

セロトニン活性療法では科学的に脳波測定して、そのアルファ2波を出して「ZONE ゾーン」の状態になる施術方法が確立しています。

 

脳波をコントロールして脳と身体が最高のパフォーマンスを発揮出来る状態にするのが最大の目的になります。

 

セロトニン活性療法の調整

 

全身のめぐりを良くしストレスが軽減し、

たった15分で自律神経が整う

医師が認めた科学的エビデンスのある

セロトニン活性療法

 

セロトニン活性療法の調整

頭蓋骨(脳脊髄液)の調整

脳脊髄液の調整

ストレスや電磁波、気温・気圧の変動、睡眠不足、食生活の乱れなどにより脳が緊張・疲労すると頭蓋骨が固まります。

頭蓋骨が固くなると脳圧が上がり、脳脊髄液の循環が悪くなり、原因不明の不定愁訴(頭痛、めまい、耳鳴、不眠、だるさ、うつ症状、自律神経の乱れなど)が起こります。

頭蓋骨の調整で脳脊髄液の循環を促すことで頭痛やめまい、不眠などの自律神経の乱れの改善が期待出来ます。

脳脊髄液の調整を行える施術院は限られています。

背骨の調整

背骨の調整

普段の姿勢の悪さは背骨を歪めます。

背骨の中に脊髄・運動・知覚・自律神経など全ての神経が走行していますので、背骨が歪むと神経の伝達が悪くなります。

人間の身体は全て脳からの指令で動いています。

その伝達経路の神経の流れに問題が起きると身体に不調が起こり、人間が本来持っている自然治癒力も低下します。

背骨の歪み(ズレ)を調整することで神経のバランスが整い、自然治癒力が発揮され、不調の改善が期待出来ます。

背骨の矯正→神経正常化→自然治癒力発揮

これこそがカイロプラクティックの神髄になります。

内臓の調整

内臓の調整

内臓は生命を維持するために呼吸、消化、吸収、排泄、解毒、免疫、循環、生殖を行なっています。

<内臓の働き>

呼吸(肺、気管支、横隔膜)

循環(心臓、腎臓、肝臓、脾臓、副腎)
消化(肝臓、胆嚢、膵臓、胃、腸管)
排泄(肝臓、腎臓、肺、子宮)
免疫(脾臓、腸管、副腎)
生殖(子宮、卵巣、精巣、前立腺)

日々、内臓は働くので疲労します。

内臓が疲労すると肩こりや腰痛など筋肉が凝り、身体のめぐり(体液循環)が悪くなります。

その状態が続くと身体の歪みが慢性化し、背骨や骨盤が歪み回復力、免疫力は低下します。

なかなか治らない肩こりや腰痛、便秘やむくみ、冷え、生理痛や不妊も実は内臓疲労から起きている可能性が高いのです。

内臓の調整が出来る施術院は限られています。

筋肉の調整

筋肉の調整

日々の疲労や睡眠不足、姿勢不良や内臓疲労で筋肉がガチガチに硬くなると、身体のめぐり(血液やリンパ液の循環)も悪くなり、回復力や免疫力も低下して自律神経も乱れ(交感神経が優位に)心身ともに不調になります。

硬くなった全身の筋肉を調整することで血液やリンパ液を送り出し循環が促進されます。

リラックスの際に働く副交感神経も活発になり、自律神経のバランスが整っていきます。

めぐりの悪さは腰痛、肩こり、頭痛、むくみ、冷え性、生理痛だけではなく身体に酸素欠乏を起こしてあらゆる病気の原因になります。

当院はただ筋肉を揉むのではなく

筋膜の走行ライン(アナトミートレイン)を意識に入れて筋膜リリースやトリガーポイント療法を行なっていきます。

呼吸改善

呼吸改善

ストレスや姿勢の悪さで呼吸が浅い方が多いです。

浅い呼吸(胸式呼吸)は交感神経優位になり、自律神経が乱れます。

呼吸が正しく出来ないと酸素が体内に十分に行き届かないと、回復力、免疫力が低下します。

猫背などで背骨や肋骨、横隔膜の動きが制限されることでも呼吸機能の低下につながります。

肋骨や横隔膜の調整をすると呼吸がしやすくなります。

深い呼吸(腹式呼吸)を行うことで副交感神経が働きます。

当院ではしっかり呼吸改善を指導して自律神経のバランスを整えていきます。

栄養(食事)の改善

栄養

 

あなたは自分に不足している栄養素が分かりますか?

毎日の偏った食事があなたの心身を悪くさせているなんて思いもよらないのではないでしょうか?

糖質中心の食事、加工食品、冷凍食品、乳製品、食品添加物、精製食品、甘い物、白砂糖、お菓子、マーガリンやショートニング、菓子パンといった不飽和脂肪酸、サラダ油やマヨネーズといったオメガ6、薬常用…。

身体に必要な栄養(タンパク質、鉄、ビタミン、ミネラル、オメガ3など)が不足している方がとても多いです。

食事の栄養は呼吸、循環、消化、免疫、排泄、解毒、生殖などの生命活動のエネルギーに使われます。

栄養が不足すると生命活動のエネルギーも不足し

当然、身体は不調になります。

脳もエネルギー不足で精神不安定になります。

人間の身体は食べた物で作られます。

必要な栄養素をしっかり摂れば身体は治ります。

栄養バランスの問題で心身の不調が起こり

栄養バランスが整うと心身の不調は解決してしまいます。

身体に必要なミネラルやビタミンを摂取して、不必要な物、体内で毒素に変換して内臓に負担を掛ける食品を取り除くのは非常に重要になります。

 

当院は本気で改善したい方にオーソモレキュラー療法(栄養療法)の血液検査を推奨しております。

血液検査で推測出来ること

・栄養状態の過不足

・ストレスの状態

・酵素活性(代謝)の状態

タンパク質不足 、脂肪肝 、鉄不足 、ビタミンB群不足 、血糖調節障害 、亜鉛・銅バランス 、カルシウム・マグネシウムの過不足 、酸化ストレス 、抗酸化力 、交感神経の緊張状態 、筋肉量を調べ、分子栄養学の観点から必要な栄養素やサプリメントの摂取を指導していきます。

血液検査のデータでどの栄養素が不足しているのか推測出来ます。

その情報が改善の決め手になることも珍しくありません。

めまいの原因が鉄不足だったり

不妊の原因がタンパク質不足だったり

不眠の原因がビタミンB6不足だったり

うつ病の原因が糖質過剰摂取だったり

 

高座渋谷にオーソモレキュラー療法を取り入れているクリニックがありますので、ご紹介致します。

 

あいクリニック泌尿器科・皮膚科

http://aiclinic.net/14nucare.html

ドクターあいサプリメントパーラー

https://dr-ai.com/

 

当院の施術と併用する事で長年悩んでいた症状の回復はもちろん

心身ともに元気になり

未病から健康へ

その健康な状態を維持して

楽しく、元気に歳を重ねていきましょう。

 

 

 

この6つの調整で身体を整えていくことで

体質を改善することが期待出来ます。

 

 

体質改善のポイント

  • 身体のめぐりを良くする
  • 頭蓋骨の歪みを整える
  • 内臓の状態を良くする
  • 硬い筋肉をゆるめる
  • 自律神経を整える
  • 呼吸を深める
  • ストレスをためない
  • 質の良い睡眠を取る
  • 適切な栄養素を摂取する
  • 適度な運動をする
体質を改善

長年苦しんでいたお身体の悩みは

体質を変えることで解決に向かいます。

そしてそれは難しいことではありません。

当院の施術を計画的に受けて

栄養、運動、睡眠、呼吸、姿勢の改善で

身体はみるみる変わっていくのが実感出来るでしょう。

当院の目指す方向

・当院はその場の痛みや凝りを改善することだけが目的ではありません。

心身ともに健康な生活を送って頂くのが最大の目標です。

 

そのために当院が出来ること

 ・施術で心身ともに元気にする

・間違った食事(栄養)を改善して、身体に必要な栄養素を摂り入れて細胞を元気にする

・運動・栄養・休養(睡眠)などライフスタイルの改善していきます。