自律神経の乱れの原因は脳ストレス

脳疲労

人間は誰しもストレスを抱えて生活しています。

身体の痛み、寒さ、暑さ、疲労、睡眠不足、だるい、かゆい、苦しいなどの肉体的ストレス。

人間関係や会社、学校、家庭での精神的ストレス。

PC、スマホ、家電からの電磁波、気温や気圧の変動、大気汚染や排気ガス、昼夜逆転の生活、食生活の乱れ、運動不足など環境的ストレス。

適度なストレスは必要ですが

そのストレスが限界を超えると脳は疲労します。

そうなるとセロトニン神経が弱り

脳が環境変化に対応出来ずに誤作動が発生すると言われています。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが狂う

ストレス

脳ストレスでセロトニンが不足すると

自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。

副交感神経が抑制され

交感神経が過剰に働いてしまいます。

副交感神経が働かないと身体は修復、回復出来ません。

交感神経が働き過ぎると脳や身体が活動し過ぎて

身体は疲労し、さらにストレスが溜まります。

 

交感神経過剰だと脳と身体が壊れていく

自律神経失調症

交感神経の働きは脳や身体を活発にさせること。

交感神経の働きが強すぎると

瞳孔……散大(光が眩しい、目がさえて眠れない)

涙腺……分泌抑制(ドライアイ)

唾液腺……分泌促進(喉が乾く、痛い)

心臓 心拍数……増加(動機、息切れ、心臓バクバク、頻脈)

排出量……増大(心臓に負担、高血圧、心筋梗塞)

血管……収縮(筋肉緊張、痛み、シビレ、冷え)

冠状動脈……拡張(心臓に負担)

胃 運動……抑制(胃痛、消化不良)

胃液分泌……減少(消化不良)

小腸 大腸……運動抑制(便秘)

膵臓……分泌減少(消化不良、糖尿病)

胆嚢……弛緩(消化不良、肝硬変)

副腎髄質……分泌亢進(ノルアドレナリン過剰分泌で精神不安、興奮、筋緊張、うつ病、パニック障害)

膀胱……排尿抑制(トイレに行かない、毒素が溜まる)

子宮……収縮(生理痛)

汗腺……分泌促進(冷や汗、手と足に異常に汗をかく)

立毛筋……収縮(鳥肌)

交感神経過剰でこんな症状が

自律神経失調症

眠れない

疲れが取れない

冷え性

心臓バクバク

生理痛・生理不順

手足のシビレ

身体(筋肉)全体の緊張

不安感、恐怖感

ノドのつまり感

食欲不振

胃痛

めまい

耳鳴り

イライラ

便秘

 

自律神経失調症と言われる症状になるのです