水素吸入

全ての病気の原因 悪玉活性酸素を水素が撃退

水素吸入

人間の病気の原因は酸化ストレスです。

どんな病気・病名でも原因は酸化ストレスなのです。

酸化とは老化と加齢から生じる活性酸素です。

人間の身体は37兆個とも60兆個ともいわれる細胞で構成されています。

細胞にはミトコンドリアがあり、そこで身体のエネルギーを作っています。

このエネルギーが沢山ある人は元気、健康なのですが

エネルギーを生み出すと同時に活性酸素も生じます。

活性酸素は善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があり

善玉活性酸素(スーパーオキシド、過酸化水素、一酸化窒素)は細菌やウイルスから

身体を守ったり、血管拡張作用がありますが

悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)は細胞を酸化させ

細胞や遺伝子に障害を与え免疫力は低下。

自律神経失調症などの体調不良、老化(肌のしみ、皺、白髪)、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドローム、アレルギー、癌などの疾患を引き起こします。

人間が生きている限り、悪玉活性酸素は発生し続けます。

では、どうして酸化ストレスが上がり、活性酸素が大量に生じたのでしょうか?

原因としてはまず加齢。

加齢により活性酸素を分解するSODという酵素は40歳を過ぎると低下します。

悪玉活性酸素に対抗する抗酸化力が減っていってしまうのです。

他にもストレスや生活習慣や環境(食事での化学物質、食品添加物の摂取、薬、農薬、重金属の蓄積、アルコール、タバコ、大気汚染、喫煙、睡眠不足、急激な運動、紫外線、照明器具、電磁波、風呂に入ってない、冷え性)によっても悪玉活性酸素は増加。

悪性の強い活性酸素で無毒化する酵素が人間にはありません。

そこに働くのが水素です。

実はこの水素が悪玉活性酸素を撃退するのです。

水素とは水素原子(H)+ 水素原子(H)=水素分子(H2)→水素ガス。

無色無臭の気体で宇宙中最も小さくて軽い分子で

全身どこにでも入り込み脳や細胞内にまで到達します。

水素には抗酸化作用があり、鼻から吸うだけの「水素吸入療法」は

有害な悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)を選択的に取り除きます。

水素吸入すると1分かからずに抹消の血流促進、血圧安定化し

15〜20分でかなりの効果が期待出来ます。

水素は血液脳関門を通過するので脳疲労、脳虚血、アルツハイマー、パーキンソン病防ぐ効果があり、医療現場でも取り入れられ、水素は小さいので脳の血管の詰まりを潜り抜けて奥に入り、活性酸素を除去し、脳梗塞や心筋梗塞に詰まった血管を広げ、血流を再開通させ機能障害を軽減させます。

脳梗塞、ロレツが回らない人に水素ガス2〜3分注入するとかなり変わります。

水素の抗酸化力はビタミンCの176倍、ポリフェノールの221倍、カテキンの290倍、ビタミンEの431倍、コエンザイムの863倍です。

その破壊力が分ります。

水素は細胞の活性化、抗酸化力・抗炎症・免疫力のアップをもたらし、自律神経失調症、疲労回復、アンチエイジング(老化防止)、血圧安定、冷え改善などさまざまな不調や病気に対して効果があるのです。

当院では水素吸入機器を導入し、悪玉活性酸素の除去を行い

根本改善していきます。

水素吸入 50分 5500円 30分 3300円

(整体・自律神経コースとのお得なセットコースもございます)

大和駅前カイロプラクティック