再発の四十肩

・40代女性
・8ヶ月前から右肩に自覚症状(違和感)
・5ヶ月前が痛みのピーク(炎症期 夜間痛)
・現在は夜間痛(炎症)は治ったが、可動域制限あり
・3年前に左肩で同じ症状

 

検査をすると、右肩屈曲、外転ともに90°以下(水平以上に挙がらない)

結帯(手を後ろに回す)、外旋、内旋も全ての可動域制限と疼痛。

回旋筋腱板(ローテーターカフ)の棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の機能異常。

施術は背骨、頸痛、肋椎関節、胸肋関節、肩甲骨、鎖骨の調整と

小胸筋、僧帽筋下部、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋のMCR(筋細胞リリース)。

棘上筋の癒着もあるため、棘上筋剥離も行う。

リハビリで回旋筋腱板の機能回復を目的とした体操も指導。

施術を重ねる毎に可動域が改善していき

4〜5回目で屈曲160度、外転160度まで回復。

10回目には耳に着く直前まで。

継続して20回目に右肩が耳に着くようになり

結帯(手を後ろに回す)、外旋、内旋も改善した。

五十肩 四十肩について詳しくはこちら

五十肩 四十肩

この記事に関する関連記事