パニック障害 ついでに坐骨神経痛も改善

・30代女性

・2年前から立ちくらみ、動悸、息苦しさ、不安(イライラ)でパニック障害

・身体が怠く、疲れが取れない(副腎疲労)

・不眠症もあり

・橋本病(甲状腺機能低下)

・腰痛、右足シビレの坐骨神経痛

 

POMS評価(イライラする、不安だ、落ち着かない、憂鬱だ、眠れない、身体の調子が悪い、物事に集中出来ない、間違いが多い、やる気が出ない、疲労感が強い)が全て「よくある」。

 

検査をすると筋力弱化(神経伝達悪い)、眼球運動に問題あり(脳神経)。

 

触診をすると全身緊張状態。

 

施術はセロトニン活性療法で自律神経の調整と頭蓋骨、内臓、背骨の矯正。

 

食事はタンパク質中心、糖質少し制限の食事と

プロテイン、ビタミンB、C、D、E、ナイアシン、亜鉛、鉄、マグネシウム摂取。

セロトニンを活性化する生活(朝日を浴びる、筋肉リズム運動、早寝早起き)を指導。

 

3回目で身体の緊張が取れ、不安、イライラが軽減した。

腰痛(坐骨神経痛)は5回程度でほぼ解消。

 

その後、天候やストレスで調子を崩す事もあり、一進一退。

朝の怠さがなかなか抜けない。

それでも施術と自宅ケアを続けた。

 

来院して3ヶ月、12回目でようやく症状が安定し

メンタル面、パニック症状(動悸、息苦しさ、立ちくらみ)、不眠、怠さが寛解。

POMS検査も全て「ほとんどない」になった。

 

まだ、ストレスによっては、崩れる可能性はあるので

月に1度のメンテナンスが必要かと思われる。