10年来の不安障害 治す気ある人は良くなります

・30代 男性

・10年前に不安障害と診断され、薬物治療

 

当院に来院前からご自身で勉強され

糖質過多でインスリン耐性の低下

タンパク質不足、栄養不良を実感して

血液検査を既に受けてから来院。

サプリメント、プロテイン摂取は開始しているので

スタートダッシュに成功。

 

施術は眼球運動(輻輳、瞳孔反射)に異常があり

脳神経、脳脊髄液の問題と思われる。

 

施術はセロトニン活性療法で自律神経、メンタルの調整。

頭蓋仙骨療法で脳脊髄液の循環改善、脳圧を下げる事を心掛けた。

 

週1回、3ヶ月の施術プランで取り組んだ。

 

栄養療法は出来ているので

筋肉リズム運動、朝日を浴びる、早寝早起きなど

セロトニン活性生活を積極的に行う。

治す気がある人は行動する。

 

開始当初は腰痛が出たり、下痢が続いたり、朝の怠さがあったが

7回目辺りから不安感が消えて

状態が落ち着いていきた。

 

エアコンでの体温調節の狂いやサプリメントの摂取で肝臓が疲れて、

体調を崩す事もあったが

メンタル面は3ヶ月、13回ほぼ安定。

経過観察が必要。

 

 

不安障害について詳しくはこちら

不安障害

この記事に関する関連記事