自律神経の乱れ

自律神経

自律神経

自律神経とは生命を維持するとても大切な神経です。
人間は生命を維持するために、生まれた瞬間から無意識に

呼吸、消化、吸収、排泄、解毒、循環、免疫、生殖を行います。

 

またホルモンの分泌、血圧や体温、血糖の調整も行います。
これらの無意識な活動が出来なくなると人間は死にます。

 

その活動をする自律神経の司令塔が脳です。

 

身体にはいたるところにセンサーがあります。

 

視覚、触覚、味覚、嗅覚、触覚、深部感覚。

 

気温や気圧の変化や身体や精神状態など

 

内外の環境変化の情報を脳に伝えます。

 

情報を得た脳が心身の状態や環境変化に対応して

 

自律神経を通して内臓をコントロールして

 

人が健康でいられるようにしています。

 

相反する交感神経と副交感神経

自律神経の作用

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

 

この2つの神経は真逆の働きをします。

 

交感神経とは「闘争の神経」と呼ばれ、労働・闘争・運動・興奮・恐怖・緊張・危機感の時に働きます。

 

交感神経が働くと、瞳孔が開き、血圧や血糖値が上がり、

 

心拍数の上昇を高めて戦闘(仕事や運度)に適した状態になります。

 

主に日中に働く神経で脳や身体を活動的にしてくれます。

 

それに対して副交感神経とは「休息の神経」と呼ばれ、休息・睡眠・安心感・リラックスくつろぐ時に働きます。

 

副交感神経が働くと、内臓が動き(消化)、心拍数減少し、瞳孔が閉じて休息(睡眠)しやすい状態になります。

 

副交感神経は身体を修復させる神経なのです。

 

交感神経と副交感は同時には働きません。
脳や身体が活動している時は身体の修復は出来ませんし、
睡眠等、身体を修復している時は脳や身体は活動出来ません。

 

この交感神経と副交感神経が交互にシーソーの様にバランス

を取る事で、人間の身体は上手く機能し、健康な生活を送る

事が出来るのです

 

 

自律神経のバランス

自律神経のバランス

自律神経の乱れの原因は脳ストレス

脳疲労

 

人間は誰しもストレスを抱えて生活しています。

 

身体の痛み、寒さ、暑さ、疲労、睡眠不足、だるい、かゆい、苦しいなどの肉体的ストレス。

 

人間関係や会社、学校、家庭での精神的ストレス。

 

PC、スマホ、家電からの電磁波、気温や気圧の変動、大気汚染や排気ガス、昼夜逆転の生活、食生活の乱れ、運動不足など環境的ストレス。

 

適度なストレスは必要ですが

 

そのストレスが限界を超えると脳は疲労します。

 

そうなるとセロトニン神経が弱り

 

脳が環境変化に対応出来ずに誤作動が発生します。

 

 

ストレス

交感神経と副交感神経のバランスが狂う

ストレス

 

脳ストレスでセロトニンが不足すると

 

自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。

 

副交感神経が抑制され

 

交感神経が過剰に働いてしまいます。

 

副交感神経が働かないと身体は修復、回復出来ません。

 

交感神経が働き過ぎると脳や身体が活動し過ぎて

 

身体は疲労し、さらにストレスが溜まります。

 

交感神経過剰だと脳と身体が壊れていく

自律神経失調症

交感神経の働きは脳や身体を活発にさせること。

 

交感神経の働きが強すぎると

 

瞳孔……散大(光が眩しい、目がさえて眠れない)

涙腺……分泌抑制(ドライアイ)

唾液腺……分泌促進(喉が乾く、痛い)

心臓 心拍数……増加(動機、息切れ、心臓バクバク、頻脈)

排出量……増大(心臓に負担、高血圧、心筋梗塞)

血管……収縮(筋肉緊張、痛み、シビレ、冷え)

冠状動脈……拡張(心臓に負担)

胃 運動……抑制(胃痛、消化不良)

胃液分泌……減少(消化不良)

小腸 大腸……運動抑制(便秘)

膵臓……分泌減少(消化不良、糖尿病)

胆嚢……弛緩(消化不良、肝硬変)

副腎髄質……分泌亢進(ノルアドレナリン過剰分泌で精神不安、興奮、筋緊張、うつ病、パニック障害)

膀胱……排尿抑制(トイレに行かない、毒素が溜まる)

子宮……収縮(生理痛)

汗腺……分泌促進(冷や汗、手と足に異常に汗をかく)

立毛筋……収縮(鳥肌)

交感神経過剰でこんな症状が

自律神経失調症

眠れない

疲れが取れない

冷え性

心臓バクバク

生理痛・生理不順

手足のシビレ

身体(筋肉)全体の緊張

不安感、恐怖感

ノドのつまり感

食欲不振

胃痛

めまい

耳鳴り

イライラ

便秘

 

自律神経失調症と言われる症状になるのです

自律神経の乱れ

  • 筋骨格……腰痛、肩こり、関節痛、神経痛
  • 自律神経……冷え、のぼせ、動悸、めまい、ふらつき、頭痛、耳鳴り、顎関節症
  • 婦人科……不妊、生理痛、生理不順、PMS、頻尿
  • 消化器……胃痛、便秘、下痢、食欲不振、吐き気
  • 精神……うつ、不眠、精神不安、パニック、のどのつまり感、イライラ、強迫性障害
  • 感覚……ムズムズ症、知覚過敏、鈍磨、シビレ
  • 皮膚系……アトピー、湿疹、異常発汗、ドライアイ、

自律神経の乱れはセロトニン活性療法で解決出来ます

セロトニン不足で自律神経が乱れることが分かってきました。

 

ストレス過多

脳が疲労(セロトニン不足)

脳が誤作動(環境変化に対応出来ない)

自律神経乱れ(交感神経過剰)

身体のあらゆる痛み、不調、精神不安定に。

 

 

当院のセロトニン活性療法でセロトニンの分泌を促すと・・・

 

ストレス

脳に情報が伝わる(セロトニン分泌)

脳が自律神経で身体の状態、環境変化に対応

 心身ともに健康の状態

 

セロトニン神経を活性化して、セロトニン分泌を安定化させてあなたの問題を解決しましょう。

 

セロトニン活性療法とは?

セロトニン活性療法協会代表理事の滝本先生が

 

脳波測定をしながらセロトニンの分泌を促す

 

施術の検証を繰り返して開発した

 

科学的エビデンスのある施術法です。

 

セロトニン研究の第一人者の有田秀穂先生と

 

共同で学会でも発表した

 

医学的に認められた国内唯一の自律神経調整法になります。

 

当院はセロトニン活性療法協会認定院です

セロトニン脳波測定

セロトニン脳波測定

セロトニン脳波測定

セロトニン脳波測定

セロトニン活性療法協会代表の推薦の声

沖山先生と私は付き合いも長く、自律神経のセミナーも初期のころから一緒に参加していてとても勉強家の先生です。
うつ症状や自律神経症状についても詳しい先生です。

沖山先生は、おそらく世界では初と思われる脳と整体の関係を科学的に検証したセロトニン活性療法の習得に熱心に励んでいました。

セロトニン活性療法協会認定 セロトニン調律師は大和市では沖山先生しかおりません。
協会の認定試験は非常に合格が難しくその難関をパス出来たのは、うつをなくすことに真剣に取り組んで努力していたからだと感じました。

手技により効果的にセロトニンを活性させることにより、自律神経失調症・うつ・パニックなどストレスが原因で起きている症状を改善させていくという方法は、他には見当たりません。

患者さん思いの真面目な先生ですので安心して来院されることをオススメします。

一般社団法人 セロトニン活性療法協会
ひろカイロ整体院
代表 滝本裕之

 

全身のめぐりを良くしストレスが軽減し、

たった15分で自律神経が整う

医師が認めた科学的エビデンスのある

セロトニン活性療法

 

セロトニン活性療法の調整

頭蓋骨(脳脊髄液)の調整

脳脊髄液の調整

ストレスや電磁波、気温・気圧の変動、睡眠不足、食生活の乱れなどにより脳が緊張・疲労すると頭蓋骨が固まります。

頭蓋骨が固くなると脳圧が上がり、脳脊髄液の循環が悪くなり、原因不明の不定愁訴(頭痛、めまい、耳鳴、不眠、だるさ、うつ症状、自律神経の乱れなど)が起こります。

頭蓋骨の調整で脳脊髄液の循環を促すことで頭痛やめまい、不眠などの自律神経の乱れの改善が期待出来ます。

脳脊髄液の調整を行える施術院は限られています。

背骨の調整

背骨の調整

普段の姿勢の悪さは背骨を歪めます。

背骨の中に脊髄・運動・知覚・自律神経など全ての神経が走行していますので、背骨が歪むと神経の伝達が悪くなります。

人間の身体は全て脳からの指令で動いています。

その伝達経路の神経の流れに問題が起きると身体に不調が起こり、人間が本来持っている自然治癒力も低下します。

背骨の歪み(ズレ)を調整することで神経のバランスが整い、自然治癒力が発揮され、不調が改善します。

背骨の矯正→神経正常化→自然治癒力発揮

これこそがカイロプラクティックの神髄になります。

内臓の調整

内臓の調整

内臓は生命を維持するために呼吸、消化、吸収、排泄、解毒、免疫、循環、生殖を行なっています。

<内臓の働き>

呼吸(肺、気管支、横隔膜)

循環(心臓、腎臓、肝臓、脾臓、副腎)
消化(肝臓、胆嚢、膵臓、胃、腸管)
排泄(肝臓、腎臓、肺、子宮)
免疫(脾臓、腸管、副腎)
生殖(子宮、卵巣、精巣、前立腺)

日々、内臓は働くので疲労します。

内臓が疲労すると肩こりや腰痛など筋肉が凝り、身体のめぐり(体液循環)が悪くなります。

その状態が続くと身体の歪みが慢性化し、背骨や骨盤が歪み回復力、免疫力は低下します。

なかなか治らない肩こりや腰痛、便秘やむくみ、冷え、生理痛や不妊も実は内臓疲労から起きている可能性が高いのです。

内臓の調整が出来る施術院は限られています。

筋肉の調整

筋肉の調整

日々の疲労や睡眠不足、姿勢不良や内臓疲労で筋肉がガチガチに硬くなると、身体のめぐり(血液やリンパ液の循環)も悪くなり、回復力や免疫力も低下して自律神経も乱れ(交感神経が優位に)心身ともに不調になります。

硬くなった全身の筋肉を調整することで血液やリンパ液を送り出し循環が促進されます。

リラックスの際に働く副交感神経も活発になり、自律神経のバランスが整っていきます。

めぐりの悪さは腰痛、肩こり、頭痛、むくみ、冷え性、生理痛だけではなく身体に酸素欠乏を起こしてあらゆる病気の原因になります。

当院はただ筋肉を揉むのではなく

筋膜の走行ライン(アナトミートレイン)を意識に入れて筋膜リリースやトリガーポイント療法を行なっていきます。

呼吸改善

呼吸改善

ストレスや姿勢の悪さで呼吸が浅い方が多いです。

浅い呼吸(胸式呼吸)は交感神経優位になり、自律神経が乱れます。

呼吸が正しく出来ないと酸素が体内に十分に行き届かないと、回復力、免疫力が低下します。

猫背などで背骨や肋骨、横隔膜の動きが制限されることでも呼吸機能の低下につながります。

肋骨や横隔膜の調整をすると呼吸がしやすくなります。

深い呼吸(腹式呼吸)を行うことで副交感神経が働きます。

当院ではしっかり呼吸改善を指導して自律神経のバランスを整えていきます。

栄養(食事)の改善

栄養

あなたは自分に不足している栄養素が分かりますか?

毎日の偏った食事があなたの心身を悪くさせているなんて思いもよらないのではないでしょうか?

糖質中心の食事、加工食品、冷凍食品、乳製品、食品添加物、精製食品、甘い物、白砂糖、お菓子、マーガリンやショートニング、菓子パンといった不飽和脂肪酸、サラダ油やマヨネーズといったオメガ6、薬常用…。

身体に必要な栄養(タンパク質、鉄、ビタミン、ミネラル、オメガ3など)が不足している方がとても多いです。

食事の栄養は呼吸、循環、消化、免疫、排泄、解毒、生殖などの生命活動のエネルギーに使われます。

栄養が不足すると生命活動のエネルギーも不足し

当然、身体は不調になります。

脳もエネルギー不足で精神不安定になります。

人間の身体は食べた物で作られます。

必要な栄養素をしっかり摂れば身体は治ります。

栄養バランスの問題で心身の不調が起こり

栄養バランスが整うと心身の不調は解決してしまいます。

身体に必要なミネラルやビタミンを摂取して、不必要な物、体内で毒素に変換して内臓に負担を掛ける食品を取り除くのは非常に重要になります。

 

当院は本気で改善したい方に51項目に及ぶ血液検査を推奨しております。

血液検査で推測出来ること

・栄養状態の過不足

・ストレスの状態

・酵素活性(代謝)の状態

タンパク質不足 、脂肪肝 、鉄不足 、ビタミンB群不足 、血糖調節障害 、亜鉛・銅バランス 、カルシウム・マグネシウムの過不足 、酸化ストレス 、抗酸化力 、交感神経の緊張状態 、筋肉量を調べ、分子栄養学の観点から必要な栄養素やサプリメントの摂取を指導していきます。

血液検査のデータでどの栄養素が不足しているのか推測出来ます。

その情報が改善の決め手になることも珍しくありません。

めまいの原因が鉄不足だったり

不妊の原因がタンパク質不足だったり

不眠の原因がビタミンB6不足だったり

うつ病の原因が糖質過剰摂取だったり

 

血液検査のデータで栄養状態のアドバイスが出来るレベルの高い施術院はほとんどありません。

 

この6つの調整で身体を変えていきます。

それは体質を改善することになります。

 

 

体質改善のポイント

  • 身体のめぐりを良くする
  • 頭蓋骨の歪みを整える
  • 内臓の状態を良くする
  • 硬い筋肉をゆるめる
  • 自律神経を整える
  • 呼吸を深める
  • ストレスをためない
  • 質の良い睡眠を取る
  • 適切な栄養素を摂取する
  • 適度な運動をする
体質を改善

長年苦しんでいたお身体の悩みは

体質を変えることで解決してしまいます。

そしてそれは難しいことではありません。

当院の施術を計画的に受けて

栄養、運動、睡眠、呼吸、姿勢の改善で

身体はみるみる変わっていきます。

料金

1回の施術で楽になりますが、症状の改善には当然ですが1回では難しいです。

セロトニン活性が安定するのに3ヶ月ほどかかります。

定期的な施術をお勧めします。

施術料金 6480円

12回回数券(3カ月コース)64800円(1回5400円)

*回数券有効期間は1年間です。

払い戻しは出来ません。

効果には個人差があり

必ずしも改善すると確約出来るものではありません。

自律神経の乱れに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加