意識が飛ぶめまい 緊張型頭痛

60代 女性

・7年前から緊張型頭痛、立ちくらみ(身内の不幸があった)

・1年前から意識が飛ぶ酷いめまい(失神してしまう)→特に食事中

・頭を動かすとすぐにめまい

・息苦しさ、動悸、のどのつまり、中途覚醒など自律神経失調症の症状

・ストレートネックで首、肩ハリ感、頭重感が常にある

 

検査をすると頸椎の可動性が非常に悪い。

ここまで悪いと、施術後の好転反応が強く出るので

初回はセロトニン活性療法と背骨の調整のみ。

それでも翌日、頭痛と怠さが2日間続いた。

息苦しさは落ち着いてきた。

 

状態が悪いので最初は週2回。

呼吸は楽になっていったが、めまい、頭重感は取れない。

施術を続けると、少しずつ首や肩、頭蓋骨の硬さが取れてきた。

8回目の時点でめまいがかなり落ち着いてきた。

 

食生活の問題もあると、血液検査に行ってもらう。

やはり炭水化物が多くて、タンパク質不足、鉄不足。

赤血球の運搬が上手くいかずに、めまいを起こしている可能性。

プロテイン、ヘム鉄、ビタミンB、C、D、亜鉛、マグネシウム、アミノ酸、オメガ3摂取。

食事中にめまいを良く起こすので、乳酸菌等で胃腸のケアも行う。

 

施術と栄養療法を同時進行。

良くなったり、たまに調子が悪くなったりを繰り返しながら

徐々にめまいが減っていく。

 

半年、26回の施術で酷いめまいは出なくなった。

 

だが、元々ストレートネックで首、肩が凝りやすいのと

副鼻腔炎もあり、呼吸困難や頭痛が出やすい。

 

定期的な継続施術が必要。

めまい ふらつきについて詳しくはこちら

めまい ふらつき

この記事に関する関連記事