全身疲労感、倦怠感が取れない

・20代 男性

・中学生教員

・9カ月前から全身疲労感、倦怠感が続く

・MRIなど精密検査異常なし

・不眠症も発症(入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、夢をよく見る)

・仕事は楽しいが、部活等で多忙

・やる気(意欲)が湧かなくなってきた

 

最初から副腎疲労、低血糖症を疑う。

食生活をヒアリングすると、やはり炭水化物ばかり。

間食に甘いもの、お菓子をよく食べる。

 

炭水化物や糖質中心の食事は血糖値が乱れやすい。

血糖値が上がる、下がるを繰り返すと自律神経失調症になりやすい。

また糖質の消化にビタミンBを使うので、

ビタミンB不足で不眠症やよく夢をみるようになる。

疲れやすくなる。

 

また低血糖の状態に陥ると、コルチゾールという副腎ホルモンが過剰に分泌される。

そうなると分泌する副腎が疲労してくる。

副腎疲労を起こしやすく

疲労感、倦怠感、意欲低下が起こる。

 

食生活をタンパク質中央に繰り替えてもらい、ビタミンBやC

エネルギーを作るためにMCTオイルを摂取してもらう。

 

施術も頸椎や頭蓋骨の調整や副腎ケアを行う。

 

施術3回で不眠は解消。

倦怠感や疲労感はだいぶ抜けてきた。

 

若いので回復が早かった。

 

だるい 疲れが取れない 副腎疲労について詳しくはこちら

だるい 疲れが取れない 副腎疲労

この記事に関する関連記事